ジャカルタ観光文化局の経歴

ジャカルタ観光文化局(JTCO)の歴史。 まもなく、JTCOはジャカルタ独自の観光開発の歴史を刻むことになるでしょう。

JTCOが設立される前に、アンペラ内閣幹部会決定第103/4TAP/2/66号の実現に向けて、政府は1967年2月7日にジャカルタ観光管理組織(BAPPARDA JAYA)を結成しました。ジャカルタ観光管理組織は現JTCOの前身で、JTCOは行政上では1970年9月20日の設立ですが、実際には2月7日がJTCO設立記念日として定着しています。

ジャカルタは非石油分野として、世界で観光分野での可能性が広く開発されてきました。それが成功して外国為替の主力となり、今なおもインドネシアにおける観光の可能性を改善するために、インドネシアの他の都市に影響を与えています。政府は当初、ジャカルタで観光を専門で扱う組織を結成しました。州条例(Perda)2001年第3条に基づいて、ジャカルタ観光局は設立されて、ジャカルタ州知事決定2001年第107号に基づいて、組織構築と実施手続が行われました。

中央と地方の両政府官僚政治に変更があったことにより、ジャカルタ政府の組織構築も変わりました。地域組織に関する州条例2008年第10号によると、文化博物局に所属する観光局は観光文化局になるという内容でした。一方、州知事決定2009年第107号により、組織構築と実施手続が法制化されました。

ヴィジョン

ヴィジョンとは、目的、目標、または任意の組織または個人が達成することを望む大きな夢です。ジャカルタ観光文化局は、日々の職務を行う際に観光分野での経営執行部として、以下のようなヴィジョンを持っています:

「国際基準の観光文化都市としてのジャカルタ」

ジャカルタ市政府の強い意志はこのヴィジョンに現れており、特にジャカルタを観光文化都市として有名な世界の他の大都市と同水準にするということです。

ミッション

ヴィジョンが最終的な目的とするならば、したがって使命はその目的を到達するために昇らなければならない階段のこと。 JTCOの設立自体は目的の到達であり、以下はJTCOの使命です:

  • 観光と文化の産出と商品の開発

  • 人々 、コミュニティ、または任意の観光文化団体の能力創出

  • 観光と文化のインフラ整備

目標

  • 観光と文化の振興および広報活動の促進
  • 観光と文化の説明責任がある、効果的かつ効率的な法令遵守の実現

Content in this section