ポルトガル人は伝説のスパイス諸島を求めて、16世紀にジャワ島に足を踏み入れた最初のヨーロッパ人でした。彼らはジャワ島を支配することはありませんでしたが、現在残っている2つのポルトガル教会と人気の「クロンコン」音楽はポルトガル人の遺産となっています。

クロンコンとは、16世紀に船員と奴隷貿易船によって導入されたポルトガル音楽で有名な「ファド」がインドネシアの音楽に融合したものです。その音楽はインドのゴアからマラッカへ、そして最終的にトゥグへと旅しました。

クロンコンはモレスコに合わせて伴奏されます。モレスコとは、ポルカに似つつもゆっくりとしたペースで踊るスペインの影響が強いダンスです。

クロンコンはもともと弦楽器で演奏されていましたが、後にフルートやガムラン楽器も加わるようになりました。1960年代にはクロンコンはモルッカ島やハワイ島の要素も取り入れて、有名なバンドのザ·ハワイアン·シニアを通じてフーヘン警察長によって広められました。

総督スタンフォード·ラッフルズ卿の下で短期間(1811-1815)を統治した英国は、英国国教会をそのまま残したため、現在もムンテン地区で使用されています。

こちらも参照してください。