紀元1世紀以来、中国とインドネシア諸島、あるいは中国の皇帝とインドネシア人の王との間で宗教や貿易の密接な結びつきがありました。中国の王妃たちはジョグジャカルタ、ソロ、チレボン、バンカ、そしてブリトン、あるいは西ボルネオの多くの王たちと結婚したことはよく知られています。

しかし、オランダ東インド会社(VOC)が労働と交易のために中国本土の人々をインドネシア諸島に移住させるように押し進めていた17世紀には、インドネシアへの中国人の流入が深刻になり始めました。

オランダ東インド会社の本拠地であるバタビアではオランダ人が中国人を必要としていましたが、中国人はその都市の要塞と堀の外で現地の人々とともに居住するようになっていました。

チリウン川沿いのピントゥ·ブサール地域では多くの中国人が定住して交易していたため、そこはグロドック(ジャカルタの中華街)として有名です。グロドックはパンコランからグヌン·サハリ通りまで拡大しました。中国人の多くはさらに西へ進み、隣のバンテン州にある現タンゲランにも定住しました。元々いたタンゲランの住人はバンテン·チャイニーズとなりました。

中国が女性の移住を禁じていた初期の数世紀の間、移住した中国人男性が現地の女性と結婚した結果、中国文化とマレーやジャワ文化、あるいは土着文化との融合や適応性が生み出されました。この多国籍文化がプラナカン文化として有名です。

プラナカン文化は、中国人が土着文化を、また地元の人々が中国の文化的要素を生活の中に取り入れたため、結婚式、音楽、踊り、特に多国籍料理に多くみられます。

 

カリ·ブサール通りのトコ·ムラでは中国建築の多くが保護されており、中国の影響をはっきりと見ることができます。他にも、ガジャ·マダにあるチャンドラ·ナヤの建物は新たに修復されました。現在はトコ·ムラとチャンドラ·ナヤの両方ともにセミナー、結婚式、その他の大規模な会合に利用されます。

Petak Sembilan

その近辺にペタック·スンビランがあり、そこには中国人居住地の原形の雰囲気が今なお漂っています。1650年建立、ジャカルタ最古の中国寺のジン·デ·ユアン(ダルマ·ブキット·テンプル)もここにあります。

ペタック·スンビランの周辺には、現地の中国菓子やニックナックなどの中華食品店、漢方薬局、アヒルの肉、焼き春巻き、バクソ·ミートボールなどの中国食があらゆるレストランで販売されています。そして、中国コーヒー専門店の「コピ·ティアム」やアイスコーヒー屋の「タック·キエ」では昔ながらの販売方法が続けられています。

ジャカルタの中華街は、特に中国の旧正月にはランタンや獅子舞で活気づきます。

こちらも参照してください。