ジャカルタが、忙しく騒々しい街とは無縁のロマンチックなトロピカル·アイランドにも恵まれていることに、多くの人々は気づいていません。

ジャカルタ湾に位置する一連の島々がプロウ·スリブ(千の島)として有名で、そこはプロウ·スリブ国立公園を形成しています。

その構成は正確には1000ではなくて、プロウ·アエールという一番近い島からジャワ海の沖合にあるプロウ·プトゥリ、プロウ·スパ、そしてプロウ·ハントゥのように大小110の島々が広がっています。20島は観光リゾート地で、その内の6島には住民がいます。プロウ·スリブ地区の中心は、群島の中心に位置するプロウ·プラムカです。

プロウ·スリブがジャカルタ市民にとって天然水であり、ビーチの遊び場です。

 

ビーチ、ボート、ジェットスキーやシュノーケリング、釣りやスキューバ·ダイビングなど、それぞれの島で違った楽しみ方があります。プロウ·アエール、プロウ·プラムカ、プロウ·コトック、そしてプロウ·プトゥリといった多くの島では生活を体験できるバンガローの貸切が可能です。

極上の休日にするために、オランダ植民地時代の名残である考古学公園の探索、タイマイの繁殖やマングローブの保護と繁殖があります。動植物の数種はこの千の島で発見されています。たとえば、サンゴ礁、ヒトデ、砂ヒトデ、ボトック魚(キノボリウオブロッホ)、そしてサージェント·メイジャーなど観賞用の魚など。マリーナ·アンチョールの定期船は、朝8時または9時に島々へ出港して午後1時または2時ごろに戻ってきます。高速艇もレンタル可能で、観光リゾート地へ向けての特別な出発便もあります。