This elegant building at Jalan Gajah Mada used to be the 18th century residence of the Governor Generals of the VOC –the Dutch East India Company. Later it became the office of the Department of mining and then the National Archives or LandsArchief. In1992, the building was renovated and became a national heritage.

Today it is a Museum and can be used as venue for elegant events and exhibitions.

Important Information

Category
Museums & Landmarks
Essentials
Area
West Jakarta
Contact
Address
" Jalan Gajah Mada Kelurahan Krukut, Taman Sari, West Jakarta
Website

See Map

Related Places

  • チャンドラナヤ

    1910年~1916年および1927年~1942年に、華人知事の許金安(Khouw Kim An)によって所有されていた遺産建造物。19世紀に建造されたチャンドラナヤはガジャ·マダ通り188番に立地しています。

  • コタ駅

    別名ベオス駅と呼ばれるこの駅は、元々オランダ語でバタビア·エン·オムストレーケンという名前でした。当駅は1870年にオランダ人建築家のフランス·へイゼルズによって建設されて、1993年にはジャカルタ州より文化遺産に指定されました。

  • 45年闘争館

    ここには、インドネシア独立を宣言するようにスカルノ氏とハッタ氏を鼓舞する若者の運動をはじめて目撃した真の歴史的な価値あるものが残されています。若者が尊厳をもって独立国家に住むという、一つの目的達成に向かった彼らの強い信念と意欲を知ることができます。