かつてオランダ総督執務室があったジャカルタ歴史博物館は、植民地時代のコタ·トゥア(旧バタビア地区)のファタヒラ広場に位置しています。ヨハン·ファン·ホールン総督の時代に建設されて、1707年から1710年まで市庁舎として利用されていました。1974年、その建物はジャカルタの1527年建設以来の歴史を伝えるジャカルタ歴史博物館に変わりました。

Important Information

Category
Museums & Landmarks
Essentials
Area
West Jakarta
Contact
(62-21) 6929101
Address
Jl. Taman Fatahillah 1 West Jakarta
Website

See Map

Related Places

  • チャンドラナヤ

    1910年~1916年および1927年~1942年に、華人知事の許金安(Khouw Kim An)によって所有されていた遺産建造物。19世紀に建造されたチャンドラナヤはガジャ·マダ通り188番に立地しています。

  • コタ駅

    別名ベオス駅と呼ばれるこの駅は、元々オランダ語でバタビア·エン·オムストレーケンという名前でした。当駅は1870年にオランダ人建築家のフランス·へイゼルズによって建設されて、1993年にはジャカルタ州より文化遺産に指定されました。

  • 45年闘争館

    ここには、インドネシア独立を宣言するようにスカルノ氏とハッタ氏を鼓舞する若者の運動をはじめて目撃した真の歴史的な価値あるものが残されています。若者が尊厳をもって独立国家に住むという、一つの目的達成に向かった彼らの強い信念と意欲を知ることができます。